•  
  • HSMの導入でお悩みの方(HSMをどのように導入すべきかわからない等)
  • HSMを利用したアプリケーションの開発が必要な方(難解で分かりにくい等)
  • HSMをより有効に活用されたい方(処理性能の改善やよりセキュアな管理等)
  • HSMの構築や運用方法でお悩みの方
  •  
お客様システムの環境に合わせた導入が可能
「IDEA:鍵管理・暗号化モジュール」は、導入するお客様システムの環境や開発言語に合わせてインターフェイスをカスタマイズしてご提供するため、お客様システム側で、IDEA導入による変更等は、基本的に必要ありません。そのため導入の影響が少なく、開発担当者様がHSMや暗号処理等を意識する必要がありません。

HSM制御やPKI ・暗号等の知識が不要
HSMの煩雑な制御や最適なアクセス処理を吸収するため、お客様システムで意識する必要はありません。また、PKI・暗号処理等の複雑な手続きを吸収することも可能ですので、開発担当者様がPKI ・暗号処理等の知識がなくても導入が可能です。

業務要件に合わせた処理を実現
複数の鍵を使った暗号処理やXML暗号、XML署名、CMS、独自データ作成等のお客様の業務要件を1つのインターフェイスで実現することが可能です。

市販されたHSM製品の標準機能で実現が難しい機能を補完
HSMの標準機能で実現が難しい機能でも、「IDEA:鍵管理・暗号化モジュール」の機能により補完しており、導入するHSMの機能、パフォーマンスをより活かしたアプリケーションを開発することが可能です。

HSMを利用したアプリケーションの設計・開発については  IDEA:鍵管理・暗号処理モジュール  をご覧ください。





より詳しい資料のご請求は  <弊社製品に関するお問い合わせ>  へご連絡ください。