よくあるご質問FAQ

 

共通の質問

Q1. 製品・サービスの詳しい話を聞きたいのですが
お問い合わせよりお気軽にお問い合せください。担当者より折り返しご連絡いたします。
お客様が抱えていらっしゃる課題やご予算をお聞きした上で、課題解決のためのソリューションをご提案いたします。

ライセンスご購入時・ご購入後の質問

Q1. ライセンス購入後の返金は対応してもらえますか
ライセンスご購入後の返金は承っておりません。
なお、「IDさくさく」シリーズは動作確認をしていただけるよう評価・試用目的に限り、10日間無償でご利用いただけます。
ライセンスご購入前に、10日間の無料期間で全機能をお試しください。
IDさくさくシリーズ 最新版ダウンロードページへ
Q2. 銀行振込での購入、請求書払い、領収書の発行は可能ですか
可能でございます。下記の情報をsales@exm.cyberware.co.jpまでお送りください。
  • 製品名 「IDさくさく2Lite」か「IDさくさくStandard」をお選びください
  • 会社名
  • ご担当者部門名
  • ご担当者名
  • ご住所
  • 電話番号
  • ご担当者メールアドレス
  • 購入ライセンス本数
  • 保守契約の有無

IDさくさく共通の質問

Q1. 利用するのに必要なものは何ですか
PC/SC準拠の ISO14443 TypeB 非接触ICカードリーダが別途必要です。(海外のパスポートを読む場合には、ISO14443 TypeA対応の非接触ICカードリーダが必要となる場合があります。)
Q2. 動作検証済みのICカードリーダを教えてください
弊社にて動作検証済みのICカードリーダは以下の通りになります。
PaSoRi(ソニー)
ICカードリーダ(NTTコミュニケーションズ)
ICカードリーダ(I-O DATA)
Q3. NTTComのICカードリーダは2種類ありますが、何が違うのでしょうか。
対応するICカードの種類が、非接触型のみか、非接触/接触両用型か、という違いになります。
後者のほうは、非接触のICカードに加えて、例えばマイナンバーカードのように接触型のICチップが付いたカードを読み取る機能がついたものになります。
但し、IDさくさくでサポートしている日本の公的身分証はすべて非接触型のICリーダで読み取りができますので、接触型に対応したICリーダが必要ということではありません。
Q4. SCR331CL-NTTComで読み取りエラーになることがあります
公的身分証明書をICカードリーダから離し、ランプの状態を確認してください。
点滅している状態でしたら少し時間をおき、ランプが緑色に変わりましたら公的身分証明書を載せてください。
それでも読み取りエラーになる場合、ICカードリーダを1度パソコンから外し再度接続を行ってください。
ランプの状態確認方法はこちらをご確認ください。
Q5. 市販のICカードリーダが認識されません
動作検証済みのICカードリーダをご利用ください。
Q6. 在留カードの偽造検知はできますか
平成26年3月に入国管理局から真正な在留カードか否かを確認する方法として、ICチップに格納されている券面画像を読み取り券面と比較する方法が案内されています。
IDさくさくでは、入国管理局より公開されているICチップ読み取り仕様に基づき、在留カードのIC格納情報を読み取り表示することができますので、前述の方法による確認を行うことができます。 また、在留カードのセキュリティ機能である電子署名の検証機能もサポートしており、偽造・改ざんされたものでないかを確認することができます。
Q7. 身分証明書の真偽を判別させる時に実物のカードは必要でしょうか
「IDさくさく」で公的身分証の真偽を判別させる場合には、実物のカードが必ず必要となります。
各公的身分証には高度なセキュリティ機能を有するICチップが内臓されておりまして、「IDさくさく」はそのICチップ内のデータを読み取るソフトウェアになります。
ICチップの情報は偽変造を論理的にチェックすることができる仕様となっているため、その結果をもって真偽判定を行っております。
Q8. 海外のパスポートの読み取りは可能でしょうか。
海外のパスポートも読取可能です。但し、ICチップが入ったパスポートである必要があります。
IC付きパスポートの標準仕様に基づいてパスポートのIC読取を行い、内容の確認が行えるソフトウェアになります。 海外のパスポートでは、まだ一部の国でパスポートにICチップが入っていないものもございます。その場合には読み取ることはできません。
Q9. 運転免許証のICチップ情報を読み取った後の結果画面や印刷の際に「●」「○」が表示されます
ICチップの中に登録されている「外字」は「●」、欠字は「○」で表示しています。
IDさくさくStandardのバージョン「1.3.7515.23053」から、運転免許証に外字が含まれる場合には、欄外にその外字の画像を表示するようになりました。
Q10. モバイルでのIC読み取りもできますか
現状Windows版のみとなります。 iPad等のiOS向けにつきましては、現状、端末側の制限があるために読み取りが行えずに対応ができない状況がございます。
スマートフォン等での読み取りにつきましてはご要望を多くいただいておりますので、端末側の制限に左右されない方法含め検討し、対応環境を拡大できるよう進めていく予定でございます。
お問い合わせ」からご相談いただければ、担当者より折り返しご連絡いたします。
Q11. タブレットでも使えますか
Windowsタブレットにのみ対応しています。Windows7以降のタブレットであればご利用いただけます。
Q12. 「ドライバソフトウェアが正しくインストールされませんでした」とタスクトレイの通知領域にポップアップ表示されます
このエラー表示は、ICカードリーダに関する表示ではなくICカードに関する表示です。Microsoftの新しい機能により表示され、Windows7でICカードを認識するときに発生します。
対応方法
デバイスマネージャーを起動させます。 [スタートボタン]⇒[コンピュータ]を右クリッック⇒[プロパティ]を選択⇒[デバイスマネージャー] デバイスマネージャー画面から、[!]マークの出ているデバイスを右クリックして[削除]を選択すると通知されなくなります。
Q13. 使用するパソコンを限定せず、複数の端末で利用できますか
使用許諾の条件といたしまして、ご購入頂いたライセンスに含まれる1つのプロダクトキーにつき、1台のコンピュータにインストールして使用することができます。
その為、1つのプロダクキーで複数台の端末で利用することはできません。
Q14. 現在使用しているパソコンを入れ替えることになりました。ライセンスを購入しなおす必要はありますか
購入しなおす必要はございません。ソフトウェアを現在のパソコンからアンインストールし、新しいパソコンにインストールし直してください。
Q15. 「IDさくさく2Lite」「IDさくさくStandard」の違いを教えてください
「IDさくさく2Lite」「IDさくさくStandard」とも、市販のICリーダを使用して日本の公的身分証のIC情報を読み取ることができるWindows向けのソフトウェアです。読み取り内容の差異や、一部「IDさくさくStandard」にしかない機能がございますので、以下の比較表をご参照ください。
  
IDさくさく2LiteIDさくさくStandard
1ライセンス価格24,000円(税抜)お見積りについては「お問い合わせ」リンクから
メールにてお問い合せください
年間保守サービス費用(1ライセンスあたり1年間)2,400円(税抜)
対応している公的身分証明書パスポート、運転免許証、マイナンバーカード、在留カード、特別永住者証明書
読み取り結果をテキストデータ(CSVファイル)に保存×
IC格納画像を画像ファイルとして保存×
運転免許証記載のすべての情報を読み取り×(本籍、免許の条件、について
は読み取りません)
USB接続スキャナで現物券面の画像取得機能×
パスポートリーダ連携機能×
期限切れ項目の警告表示機能×
在留資格の警告表示機能(在留カード)×
外字が含まれる当該項目を画像表示(運転免許証)×(※)〇(※)
※「IDさくさく2Lite」「IDさくさくStandard」ともに、IC読み取り結果表示部分に「外字」があった場合、当該文字を「●」と表示します。
Q16. 在留カードの読み取り結果の項目が、空白表示されることがあります。なぜですか
「IDさくさく2Lite」「IDさくさくstandard」は、ICチップに書き込まれている情報を読み取り、情報をそのまま画面表示・保存します。読み取り結果の項目が空白表示となる場合、ICチップ内に書き込みがされていない、もしくは発行済み在留カードのICチップ書き換え時にNull値が入力された可能性があります(在留カード原本の裏面にスタンプが押されている場合でも、印字だけの可能性があります)
Q17. 在留期間更新許可申請中の在留カードを読み取った際に「在留期間更新等許可申請」の読み取り結果が「0:無し」となりました。なぜですか
本項目は、仕様上「0:無し」「1:申請中」の情報がはいるものとなっております。しかし、現状は更新手続きの際に在留カードICチップ内の「在留期間更新等許可申請」の書き換えが行われていないとの確認をいたいました。本項目については、常に「0:無し」となることになりますので、今後のバージョンアップで表示上からなくす予定です。
Q18. 古いバージョンを使い続けることはできますか
古いバージョンのIDさくさくでも問題なく使用できますが、管轄省庁等より提供される検証用データが新たに作成された場合、正しい読み取り結果を得られない可能性があります。バージョンアップのご案内があった際は、お早めにバージョンアップを行ってください。

IDさくさく2Liteの質問

Q1. 読み取った情報を保存することはできますか
「IDさくさく2Lite」では、読み取った情報を保存することはできません。 その代わりにIC読取結果を印刷することができます。
読み取り結果画面で「印刷する」ボタンを押すと印刷プレビュー画面を表示します。 そちらから既定のプリンター(通常使うプリンター)で印刷することができますので、保存用にご利用いただけます。
また、Windowsの設定機能から既定のプリンター(通常使うプリンター)を変更することで印刷先を変更することができます。
ご利用環境にXPSやAcrobatなどのPDFプリンターがインストールされていれば、PDFファイルとして保存していただけます。
Q2. 読み取った情報をCSV等のテキストデータとして出力することはできますか
「IDさくさく2Lite」では、IC読取結果をテキストデータとして保存する機能はございません。
本機能につきましては、「IDさくさくStandard」をご利用ください。
Q3. 「IDさくさく2Lite」から「IDさくさくStandard」への切り替え方法を教えてください
「IDさくさくStandard」ライセンスとの差額分をお支払いいただければ、「IDさくさくStandard」のライセンスを発行いたします。
※2019年4月23日までにご購入されたIDさくさく2Liteのライセンスが対象となります。

下記の情報をsales@exm.cyberware.co.jpまでお送りください。
 <請求書作成情報>
 ・製品名:IDさくさく2LiteからStandardへのアップグレード
 ・ご利用中のIDさくさく2Liteライセンス情報:
   プロダクトキー:
   認証コード:
 ・会社名:
 ・ご担当者部門名:
 ・ご担当者名:
 ・ご住所:
 ・電話番号:
 ・ご担当者メールアドレス:
 ・「IDさくさくStandard」保守契約の有無:

IDさくさくStandardライセンス発行までの手順
 1. 製品サービスデスクに上記<請求書作成情報>をご連絡ください。
 2. 製品サービスデスクから、PDFファイルにて請求書をお送りします。原本希望の場合は、原本希望の旨をご連絡ください。
 3. 請求書記載の振込先にお振込み手続きをお願いします。
 4. 入金確認後、製品サービスデスクよりライセンス発行 / 保守契約についてご連絡いたします。

IDさくさくStandardの質問

Q1. 「IDさくさくstandard」は、スキャナ・パスポートリーダーも必要なのでしょうか
券面の撮影(券面スキャン画像保存)をせずに、ICチップの読み取りのみで利用する場合にはスキャナ・パスポートリーダは不要です。
Q2. 国籍と入国日のテキスト情報を出力する方法(パスポートを使う等)はありますか
国籍につきましては、パスポートのICに格納されておりますので取得可能でございます。
入国日につきましては、ICに格納される情報ではないため、パスポートの査証ページのスタンプで確認していただく必要がございます。
Q3. CSVファイルにはどんな項目が出力されますか
読み取り結果として、以下の項目がCSVファイルに出力されます。
  
運転免許パスポート在留カード・特別永住者証明マイナンバーカード
読取日時読取日時読取日時読取日時
書類種類書類種類書類種類書類種類
氏名氏名カード番号氏名
カード番号カード番号署名検証結果生年月日
バージョン在留資格性別
氏名(カナ)発行国就労制限住所
生年月日国籍有効期限有効期限
本籍生年月日追記書書込年月日全国地方公共団体コード
住所性別市町村コード証明書検証
交付年月日有効期限住所地内部証明書検証
照会番号メモ包括許可欄記載内容署名検証
有効期限                                                個別許可欄記載内容内部認証
署名検証在留期間更新等許可申請メモ
免許の条件1メモ
免許の条件2
免許の条件3
免許の条件4
免許証の色区分
免許の年月日
公安委員会名
新公安委員会名
新氏名
新呼び名
新住所
新条件
条件解除
備考
予備
記載事項変更(本籍)
メモ

※ メモ:設定画面にて「出力する」を選択されている場合に出力されます。
※ CSVファイルと一緒に読み取った画像も出力されます(例:顔画像、券面画像など)